…WELCOME TO MY HOME …

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/11/01

久しぶりのSS訪問

久しぶりにSSの事務所に行ってきました。
追加で色々と相談したいことが出てきたのと、あとはなんか事務所に行きたくなったから(笑)

相談したいことは

  マルウッドブラインドの色
  マル室内のドアの確認
  マル2階のロールスクリーンを柄にするってのはアリか?
  マル1階のエアコンの見積もり

などなど。この間のカーテンの打ち合わせを踏まえての内容がほとんどでした。

とりあえずウッドブラインドのサンプルを6点ほど送ってもらったのですがフローリングの色と合わせてみたかったのでした。そこから候補を2個まで絞って悩む…途中、基本設計を担当してくれた設計士さんが通りがかり、みんなで「ああでもないこうでもない」と話しつつ、なんとか決まりました。


そして室内のドアは「そういえば現物がどんなものか見てなかったぱんだ」と気づき見せてもらいました。
前に全部白という風に決めたのですが、1階のトイレの白の引き戸がどうもわたし的にしっくりこない・・・うさ(ぶー)
かっこいいデザインのシルバーの取っ手とかつけてみたら?と思ったら引き戸のためその分開け幅が狭くなってしまうと言われ悩むうさ(じと) 場所もトイレだし…。
そんな時にSSの事務所のトイレが目に入り、黒の引き戸ならなんかかっこいい感じじゃんキラキラということで色を変更。


あとは2階の収納部分のロールスクリーンを壁と同化するよう白にしたのですが、北欧のファブリックとかで作れないものか?と相談。白もいいけどアクセントっぽくしてもいいかな~とうさ(嬉)

最初はマリメッコのKaivoがいいなぁと思ったのですが↓

019128_003.jpg
北欧ブランドだけどミッドセンチュリーの雰囲気があるパターンですよね。しかし生地の幅が145cmもあり、我が家のロールスクリーンの幅は78cm…。柄が切れてしまうではないかsn!

そこで次にいいかな~と思ったFanny Aronsenというメーカーのcatarinaという生地。よくファブリックパネルに使われているやつです。

cat-fa.jpg
                    
ダークブラウン×ブラックってなんかうちの雰囲気と合うかもスマイルハート2 
しかし北欧ブランドの生地自体そこそこするのですが、もっと高いのは加工料。オーダーで作ってもらえるお店を調べてみると高い高いダッシュ
SSでオーダーで作ってもらうか…。ただ、生地によってはできないみたいなのでサンプル程度にちょっと生地を買って業者さんに問い合わせてもらうことに。できるかな~うさ(ぶー)

なんだかんだで色々出てきたので再度打ち合わせの機会を設けてもらうことになりました。内容がカーテン関係や空調のことなのでポラスの資材館でやることになりました。
スポンサーサイト
詳細設計 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。